ミクロマスター株式会社|トップページ、油落とし,切削油,錆取り,アルカリ電解水 ミクロマスター株式会社|会社概要、油落とし,切削油,錆取り,アルカリ電解水 ミクロマスター株式会社|一般向け/業務用製品,油落とし,切削油,錆取り,アルカリ電解水 ミクロマスター株式会社|工業用製品,油落とし,切削油,錆取り,アルカリ電解水 ミクロマスター株式会社|お問い合わせ 油落とし,切削油,錆取り,アルカリ電解水のQ&A


 
アルカリ電解水「クリーンマスター」のQ&Aタイトルバー
 
アルカリ電解水「クリーンマスター」のイメージ画像 Q1. 洗剤との違いを教えて下さい。
A. 洗剤に使用されている界面活性剤やアルコール、リン・酸を含まないため、手肌に優しいのに加え、洗剤が使えない場所でも使用できます。有害な成分を一切含まず (ノンケミカル)、二度拭きの必要がないため、アルカリ電解水「クリーンマスター」にて掃除時間を短縮できるのも特徴です。

アルカリ電解水「クリーンマスター」のイメージ画像2 Q2. 他社市販のアルカリ電解水との違いを教えて下さい。
A. 他社のアルカリ電解水は、大半が電解質として塩化ナトリウム(塩)を使用しているため、高pH値に生成するとアルカリ電解水側にも塩分が溶解してしまいます。溶解した塩分は、洗浄した鉄等の金属を腐食し、人の肌を刺激します。これに対して弊社のアルカリ電解水「クリーンマスター」は、電解質として炭酸カリウムを使用して電気分解しますので、塩濃度がゼロであるため鉄等の金属は腐食されず、錆びにくくなります。人の肌に対しても無刺激性で幼児等の肌に対しても安心です。

アルカリ電解水「クリーンマスター」のイメージ画像3 Q3. 拭き掃除後のテーブル等をペットや赤ちゃんが舐めても大丈夫ですか?
A. 弊社のアルカリ電解水「クリーンマスター」に使用する電解質の炭酸カリウムは、食品添加物でラーメン(中華麺)の冠水などに日常的に使われています。合成化学剤、界面活性剤、化学物質などゼロですから、拭き掃除後の床、カーペット、ソファー、テーブルなどを赤ちゃんやペットが舐めても安全です。しかも、pH値が12.5以上では大腸菌などを除菌できるため衛生面からも安心です。

アルカリ電解水のイメージ画像4 Q4. 油やたんぱく質系の汚れは落ちるのですか?
A. アルカリ電解水「クリーンマスター」は、汚れと洗浄物の界面に浸透して汚れを包み込み洗浄物から剥離します。通常の掃除には常温で使用しますが、加温すればしつこい油脂類の汚れも効果的に洗浄できます。人体に危険な界面活性剤、苛性ソーダ濃度の高い洗剤の代替品として十分な洗浄力があります。

アルカリ電解水「クリーンマスター」のイメージ画像5 Q5. 頑固な汚れは落ちますか?
A. 頑固なものに関してはアルカリ電解水「クリーンマスター」を多めに吹きかけて、十分になじませてからスポンジ・ブラシ等でこすり、その後拭き取るような使用方法をお知らせしています。 数週間、数か月後等の時間が経過した、しつこい油汚れ等の場合は初回にスクレッパー等の掃除用具を使用することで綺麗にできます。通常の油汚れの場合は「噴霧して拭き取る」といった一度拭きで綺麗になるため、アルカリ電解水にて掃除時間の短縮が可能になった(時短)、効率的とのお客様からの声が届いています。

 
アルカリ電解水「クリーンマスター」のイメージ画像6 Q6. 油汚れ用の洗剤と比較すると洗浄力が落ちるのでは?
A. 化学合成品の洗剤には、その分、危険物質(人体に危険を及ぼす苛性ソーダ、水酸化ナトリウムなどの物質)が多く含まれており、環境への負荷や、手荒れなど使用者の安全性という面からリスクもかなり高いと思います。これに対し、アルカリ電解水「クリーンマスター」は、水から生成されているため安心安全であり、かつ、ノンケミカルでありながら使い方(pH値、温度など)を工夫して頂くだけで、洗剤とほぼ同等の効果があります。

アルカリ電解水「クリーンマスター」のイメージ画像7 Q7. 使えない被洗浄物はありますか?
A. アルカリ電解水「クリーンマスター」の使い方は市販のアルカリ洗剤と同じです。例えば、水拭きできないものは勿論のこと、白木、漆器、皮革類、貴金属、宝石類、金箔、真鍮、絹製品、ニス塗りの家具、眼鏡、レンズ、アルミ製品、自動車などの塗装面には使用できません。また、コーティングが施されているものは、コーティングを落としたり、剥がしたりする可能性がありますので原液でのご使用はお避けください。使用の可否が不明な場合は、目立たないところでお試し頂いてからご使用ください。

お見積り依頼
ご注文のお客様